スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
温泉の注意点!こんな時は入浴に注意
温泉は癒されるし体にいいとは言え逆に温泉に入ると体に悪い影響を
与える場合もあります。今回は入浴をしてはいけない場合を書いていきます。

飲酒後
血圧が急に変わることで脳貧血の危険がありますので入浴は
控えましょう。

ご飯を食べた直後
血液が皮膚や腎臓に行きわたり、消化・吸収の働きが悪くなります。
食後は30分~1時間の休憩をとってから入浴をしましょう。


スポーツした直後
筋肉の疲れがとれにくく、心臓への負担も倍増します。スポーツ後は最低でも
30分以上休憩をとってから入浴をしましょう。


風邪をひいているとき
体調が良くないときに熱い湯に浸かるのは厳禁です。熱の無いときならぬるま湯に
ゆっくり浸かり、湯冷めをしないようにしましょう。


熱い湯船につかるとき
高齢の方や、高血圧症、動脈硬化症、心臓病、呼吸器病の方は42℃以上の高温湯
には入らないようにしましょう。


温泉の禁忌症
下記の症状の場合は入浴は控えましょう。

☆関節リウマチの病状進行期
☆風邪など、あらゆる急性疾患(熱のあるとき)
☆がん、白血病、肉腫
☆急性伝染病
☆高血圧、動脈硬化の重症なもの
☆糖尿病の重症なもの
☆心臓病、腎臓病の重症なもの
☆発病後間もない脳卒中、胃・十二指腸潰瘍
☆大血管の動脈瘤
☆妊娠初期と後期(※寝浴で1日2回までなら大丈夫です。)



硫黄泉を控えるべきな方
高齢の方、乾燥肌の方、皮膚粘膜の過敏な方(特に光線過敏症)


飲泉を控えるべき症状と温泉の種類
下痢をしているときは硫黄泉、単純二酸化炭素泉の飲泉を控えましょう。
腎臓病、高血圧症、むくみのあるときは塩化物泉、重曹泉、芒硝泉の飲泉を
控えましょう。
甲状腺機能亢進症のときはヨウ素を含む温泉の飲泉を控えましょう。




スポンサーサイト
[2016/06/04 01:10] | 温泉の注意点 | コメント(0) |
| ホーム |
母娘温泉旅行を計画中の女性|おすすめの宿を紹介します


母娘温泉旅行を成功させるために大切なおすすめ宿を厳選して紹介します。

管理人

oyakoonsen

Author:oyakoonsen
名前:櫻井 洋乃(さくらい ひろの)

母親と行く温泉旅行が大好きな女子です。

母娘温泉旅行についていろんな情報を発信したいと思っております。
よろしくお願いいたします。


管理人の詳しいプロフィールはこちらから

最新記事

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

ブログ村

zenback

amazonプライム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。