FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
温泉で頭痛が起きる原因とは?|温泉の基礎知識


なぜ温泉に入ると頭痛が起こるのかについて書いていきたいと思います。


なぜ温泉に入ると頭痛が起こるのかというと1つは日中仕事などで
長時間集中した作業を行ったり、長時間緊張状態にあった時に
起こる緊張性頭痛。


このように、筋肉が固まっている状態でお風呂などに入ると、
緊張した筋肉が緩み、急激に柔らかくなって血行がよくなります。
この時、血流が増加することで痛みがでる場合があります。


もう一つの原因として、スーパー銭湯などで起こる場合は「レジオネラ属菌」
という細菌性の頭痛
の可能性があります。ストレスなどで免疫力が弱っている際に
感染してしまうもので風邪に似た症状がでますので注意が必要です。


対策としては規則正しい生活をして免疫力を上げることです。そのほかには
適度に運動すること、栄養をしっかり摂ることも免疫力を上げるためには
必要となります。


そのほかに考えられる頭痛としては湯疲れの場合があります。
湯疲れとは温泉入浴は気持ちいい物ですが体に多少の負担はかかっています。
それでも無理をして入浴することで全身疲労や倦怠感、吐き気、頭痛、動悸、
立ちくらみなどを発症することがあります。これを湯疲れと言います。


湯疲れした場合は横になって安静にする、水分補給をする
足、首、脇、頭を冷やしたりするといいでしょう。


湯疲れしやすい場合としてあげられるのが睡眠不足、ビタミン不足
食事の直前、直後、水分不足があります。


湯疲れしにくい入浴方法としてはまずはかけ湯をし、次にかぶり湯をし
(シャワーを使って体を洗い流すことでかぶり湯の効果が得られます)
次に入浴ですが最初の入浴は5分くらいにし、1度上がって5分休憩
し、これを何度か繰り返し30分以内にあがりましょう。


せっかくの楽しい温泉が頭痛が起こると台無しになってしまいますので
湯疲れしないように気を付けて温泉に入りましょう。
スポンサーサイト
[2016/06/09 18:28] | 温泉で頭痛がする | コメント(0) |
| ホーム |
母娘温泉旅行を計画中の女性|おすすめの宿を紹介します


母娘温泉旅行を成功させるために大切なおすすめ宿を厳選して紹介します。

管理人

oyakoonsen

Author:oyakoonsen
名前:櫻井 洋乃(さくらい ひろの)

母親と行く温泉旅行が大好きな女子です。

母娘温泉旅行についていろんな情報を発信したいと思っております。
よろしくお願いいたします。


管理人の詳しいプロフィールはこちらから

最新記事

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

ブログ村

zenback

amazonプライム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。