スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
温泉入浴のマナー

HOTE86_yubunenitukaru15104832_TP_V.jpg


温泉の入浴マナー知っていますか?知らなくて回りに迷惑を
かけてしまっている場合もあります。今回はそんな温泉の
入浴マナーについて書いていきたいと思います。


浴室に入る前にやっておくべきこと

長い髪はまとめる
髪の毛が湯船につかると、髪の毛が落ちたりふけや埃が入ってしまうおそれが。
肩より長い髪の毛はゴムなどでまとめましょう。

酔っぱらって入らない
適量以上のアルコールは周囲に迷惑がかかるばかりではなく、自分自身も
危険な場合があります。

水着で入らない
特別に許可されているところや、規制があるわけでもない限り、水着では
入らない でください。温泉はお湯を身体で味わい楽しむものです。
不快に思う方が 多いのは間違いありません。


湯船に入るときに注意すること

浴室に入ったらかけ湯をする
かけ湯は、体についているホコリなどの汚れを除去するだけでなく
いきなり熱いお湯に入る前に、体を「慣らす」と言う意味もあります。最初の一杯は
心臓から遠い「足の指先」から掛けて二杯目は足、そして、徐々に上半身へと
「何杯も掛ける」方法だと、体にも優しくてお勧めです。運動をした後など体が汚れている
場合には、シャワーを浴びて身体を洗ってから入浴するといいでしょう。

長い髪の毛はゴムでまとめる
髪の毛は常に「空気」に触れているため、雑菌・ウイルスなどが付着していますので、
湯船のお湯にできる限り髪の毛が浸からないように工夫しましょう。
もちろん、潜ったりしてはいけませんので、特に子供には事前にしっかり説明しておきましょう。
(子供がお湯に潜ると中耳炎にもなりやすいです。)細かいとところだと、メガネもお湯に
入れない方がいいでしょう。レンズコーティングが熱で溶けてしまいます。

タオルは湯船に入れない
タオルをお湯の中に浸けてしまうのは厳禁です。洗濯したタオルでも、見えない空気中の
雑菌・ウイルスが必ず付着しています。特にレジオネラ菌を湯船に持ち込む原因にも
挙げられていますので、絶対にタオルはお湯の中に入れないようにしましょう。
オムツが取れていない乳幼児は浴槽での入浴を禁止している施設も多いですので
ルールを確認してから入浴しましょう。


温泉からあがる際に注意したいこと

使ったものは元に戻す
洗面器、椅子など使ったものはザッとお湯で流して元に戻しましょう。

ちゃんと体を拭いてから脱衣場に行こう
浴室から脱衣所へ上がる際には、体に着いた水滴をタオルで拭きとってから
脱衣所に行きましょう。これは、脱衣所の床が極力濡れないようにして、他の方も
快適に利用できるようにする為です。


そのほかには入浴前と入浴後は水分補給を必ずしましょう
備え付けの水で大丈夫です。
脱水症状を起こして倒れないようにしましょう。
[2016/06/01 19:46] | 温泉入浴のマナー | コメント(0) |
<<温泉旅行の交通手段 | ホーム | 温泉旅行の持ち物>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

母娘温泉旅行を計画中の女性|おすすめの宿を紹介します


母娘温泉旅行を成功させるために大切なおすすめ宿を厳選して紹介します。

管理人

oyakoonsen

Author:oyakoonsen
名前:櫻井 洋乃(さくらい ひろの)

母親と行く温泉旅行が大好きな女子です。

母娘温泉旅行についていろんな情報を発信したいと思っております。
よろしくお願いいたします。


管理人の詳しいプロフィールはこちらから

最新記事

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

ブログ村

zenback

amazonプライム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。