スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
宿泊施設の客室の種類

on_008.jpg


ホテルや旅館などのお部屋の種類はいろいろあります。
どのような種類があるか見ていきたいと思います。

旅館編
一般客室
その名のとおり一般的な客室。和室・和洋室・洋室がある。

露天風呂付客室
客室にその部屋専用の露天風呂がついてる。その部屋の宿泊者だけが
自由に入浴することができる。一般客室より料金は高め。

特別室
一般客室より広く高級な客室。料金は一般客室よりかなり高い。

離れ
一般客室やフロントがある建物とは別に、同敷地内に建てられた別棟の建物。
その建物自体が自分達だけの客室になる。独立タイプは完全に
独立しているが、棟割タイプは1棟の建物を壁で仕切るなどして、
2組程度で分割している。一般客室よりも広く、高級な客室。
料金はかなり高めになる。露天風呂がついているところもある。

メゾネットタイプ
2階層の客室からなり、中には内階段があり1階と2階を移動できる。
主なロフトとの違いは、2階も通常と同じ天井の高さがある。一般的に
2階はベッドルームになる場合が多い。料金は少し高めになる。

ロフト付き
2階層の客室からなり、中には内階段がある。ロフトの場合はメゾネットと違い、
2階スペースの天井が低い場合が多い。料金は少し高めになる。


ホテル編
シングル
シングルベッドが1部屋に1台置かれている部屋。セミダブルのベッドが
1台置かれている場合もある。

ダブル
2人が眠れるベッド(ダブルベッドまたはクィーンベッドが1台置かれて
いる部屋。2人用。

ツイン
シングルベッドが2台ある部屋。

トリプル
3台のベッドが分離して置いてある部屋。予め3台のベッドが置かれている場合や
可搬式簡易ベッド・ソファベッドなどを用いて、ベッドを3つ用意した部屋。3人用客室。

スタンダード
一般的な部屋。

エクゼクティブ・デラックス・スーペリア
スタンダードよりも部屋面積が広く、大きめのソファやベッドがある部屋。
バスルーム、トイレ、洗面所などが仕切られている場合が多い。
料金はスタンダードより少し高めになる。

スイート・ジュニアスイート・ロイヤルスイート
通常の部屋がベッドルームだけなのに対し、独立したリビングなどがあり、
部屋面積だけでなくバスルームや洗面所なども広い。ジュニアスイートは、
リビングが独立していない。高級な客室で、料金は特に高めになる。


自分の予算や条件に合う部屋を探すのがいいと思います。
[2016/05/29 23:49] | 客室の種類 | コメント(0) |
<<温泉旅行の食事と種類 | ホーム | 温泉の泉質別の種類と効能~その2~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

母娘温泉旅行を計画中の女性|おすすめの宿を紹介します


母娘温泉旅行を成功させるために大切なおすすめ宿を厳選して紹介します。

管理人

oyakoonsen

Author:oyakoonsen
名前:櫻井 洋乃(さくらい ひろの)

母親と行く温泉旅行が大好きな女子です。

母娘温泉旅行についていろんな情報を発信したいと思っております。
よろしくお願いいたします。


管理人の詳しいプロフィールはこちらから

最新記事

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

ブログ村

zenback

amazonプライム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。